中国産食品を口にしないという事は日本では叶うのか?

中国産食品は日本に多く出回っている

現在、日本産と表記しておきながら、実は中国産食品だったという産地偽装事件が多く報道されています。

これまでに、中国産の食品が日本産として販売されていたものはたくさんありました。

例えば、そば粉やお米、ウナギなど色々ありましたよね。

中でも中国産のお米が日本産として卸されていたというのは、かなり衝撃的でした。

なんと偽装されていたお米は790tもあり、産地偽装されたお米が市場に出回ってしまったのです。

どうして、中国産のお米を産地偽装したのでしょうか?

それは、まず日本のお米と違って、仕入れ値がとても安くなっています。

ですが、だからといって中国産と表記してしまうと、なかなか売れません。

だから、日本産のお米に混ぜて販売をしていたのです。

中国産の食品というのは、お米だけに限らずに安全性が低いと感じている人は多いのではないでしょうか?
例えば、中国で作られた冷凍餃子に殺虫剤の成分を混入していたという事件だってありました。

毒餃子事件として、メディアでも大々的に紹介されてきたのですが、この時の記憶が今でも根強く頭に残っている人は多いでしょう。

中国産の食品というのは、輸入された際に検査が行われているのですが、2011~2013年年3月の時点で、検査で引っかかった食品は118件もありました。

検査で調べてみると、遺伝子に悪影響を及ぼすとされている化学物質であったり、がんを発症する可能性が高い抗菌材が検出されて問題に会ったこともあるのです。

日本の輸入食品に対しての検査はかなり緩い方です。

輸入されている食品全体の2%前後くらいしか検査をしていない状態で、2年の間に118件です。

つまり、実際にはそれ以上の問題ある中国産の食品が輸入され、市場に流通されたと考えるのが妥当ではないでしょうか?

どうして中国のマクドナルドに多くの人が訪れたのか

日本のマクドナルドが発表した内容に、多くの人が衝撃を受けたのではないでしょうか?

日本では、使用期限切れの鶏肉が使われていたことが分かって、日本のマクドナルドの売り上げはかなり下がってしまいました。

ですが、反対に、中国にあるマクドナルドでは、多くの人がマクドナルドに詰めかける状態になったのです。

これまで、日本のマクドナルドは中国の上海福喜食品という大手食品会社から鶏肉を輸入していたのですが、使用期限が過ぎてしまっている鶏肉だったということが分かり、契約を打ち切りました。

そして、日本マクドナルド社長が記者会見で謝罪をして、失った信頼を取り戻そうと必死です。

マクドナルドというのは、日本だけではなく世界的にもトップクラスのファストフードメーカーです
ですから、日本だけではなく本社があるアメリカなどでも、この事件は注目されました。

なのに、どうして現地の中国マクドナルドでは、多くのお客さんが訪れているのでしょうか?
これは、中国の経済事情が大きくかかわっているとされています。

中国というのは貧富差が非常に激しくなっており、一般市民は、ビニールチューブに入っている混合肉しか食べることができないような状態になっています。

混合肉というのは、ヒツジの肉と鶏肉が混ざっているということになっているのですが、本当にそれだけしか混ざっていないとは限りません。

リスクが伴っていることを理解しながら、生きるために混合肉を口にしているのです。

中国というのは、食品の衛生面が低いということは一般市民でも分かっていることなのです。

このようなリスクと隣り合わせで生活をしているからこそ、使用期限が過ぎたくらいでは同様をしないということのでしょう。

また、使用期限が過ぎた鶏肉が使われていたことが発覚したことによって、他に危険な化学物質などが使われていないということが分かったため、混合肉よりも安全性が高いとして、多くの中国人が中国のマクドナルドを利用するようになったのでしょう。

良質の良い医薬品をあなたのご自宅へ

更新情報